本文へスキップ

福岡市近郊・北九州市近郊など福岡エリアで会社設立・法人化をトータル支援

                                                   

農業簿記の基礎知識

 トップページ > 会社設立の基礎知識 >農業簿記

農業簿記の概要

@ 農業の財務、経営管理

事業経営、具体的には農業経営に必要となる経営管理としては、例えば、融資調達、コスト管理、原価計算、販売価格設定など、会計を基盤とした合理的な経営を行うことが求められます。
農業、畜産・施設園芸・大規模稲作農家など、ある程度の設備投資が必要となり、さらなる追加投資が大きくなればなるほどこの合理的な経営管理手法は求められます。

細かく言うと、複式簿記という手法を使い、決算時点における会社の財政状態を示す貸借対照表と1年間の経営成績を示した損益計算書を策定します。これは単に納税目的ということのみではなく、上述の経営管理や財務管理を実施することを目的とします。

A 財務管理
農業を事業としてうまく経営管理していくためには、財務管理を適切にしなくてはならないと言えます。つまり、金融機関から借入れした資金を確実に返済するために収益と費用のバランスを考えて、コントロールしていくことが重要です。
農業生産法人

複式簿記とは

 以前簿記を学習したことのある方はご存知かと思いますが簿記には2種類の方式があり、単式簿記と複式簿記になります。

複式簿記は1取引について2側面からみるということ、つまり原因と結果の二つの視点で取引を記帳ていくことが求められます。

例えば、農業事業において、事業で使用する農業用の肥料を買って、代金を銀行預金の振込で支払ったとします。ここで、農業用肥料という費用(コスト)が発生<原因>し、それと同時に、資産である普通預金の残高が減少します。<結果>
これを原因と結果から考えると、下記の通り仕訳が考えられます。

(肥料費)550,000円 (普通預金)550,000円

 上記の日々の取引は決算においてまとめられて、農業における事業経営の成果を示す「損益計算書」と会社の財務状態をあらわす「貸借対照表」に集約されます。

上記の損益計算書と貸借対照表は、会社の経営状態を把握するために重要な基礎資料となります。


勘定科目とは

 上記で説明したとおり、農業簿記における記録、計算の基礎的な単位として勘定があります。各勘定の内容を示す名称を勘定科目になります。

農業簿記において勘定科目の一例を示すとすると、下記の例が考えられます。。
<資産>
現預金、売掛金、前払費用、農産物、肥料、農薬、未収金、未成園、土地、建物、建物附属品、構築物、機械装置工具器具備品、車両運搬具、備品、成園、繁殖牛など

<負債>
買掛金、未払金、短期借入金、長期借入金、預り金、前受金など

<資本金>
元入金
<収益>
農産物売上高、家事消費、受取利息、雑収入など
<費用>
種苗費、肥料費、農薬費、修繕費、動力光熱費、農具費、諸材料費、支払利息、減価償却費、販売費、販売手数料、雑給など


勘定科目の設定方法

 勘定科目の設定については注意が必要です。勘定科目は一回設定してから、みだりに変更してはいけません。勘定科目とその金額を把握することで、事業年度間の推移を把握することが可能となります。もしも、何度も勘定科目を変えてしまうと、各年度間の相対比較が難しくなります。

そして次に注意するべきは、勘定科目を細分化しないようにすることです。もしもあまりにも細かく設定しすぎると、経理ソフトへの入力に膨大な労力を費やすことにあんります。

それに対して、あまりに大きく一括して科目を設定すると、勘定科目を通じた経営分析にとって不利になってしまいます。しかし、、費用と収益、債権と債務などを同じ科目にしないようにしましょう。

さらに、科目はその事業経営に応じて、個別に設定する事が求められます。つまり、農業生産法人のケースで各グループ単位で行動している場合、経営診断、特に各グループ間の横断的比較のために、できれば科目や処理法)を画一的に定めてた方が良いです。

最後に、経営分析用に、勘定科目を分類整理しておくのも重要な場合もあります。つまり、重視すべき特定科目については一括設定にせず、生産原価、販売費及び一般管理費、事業外費用として設定することが求められます。


会社設立相談センターでは、農業簿記、農業生産法人設立についてのご相談に対応しております。ご遠慮なく、メールフォームからご相談ください





医療 医業 開業

医療 医業 開業

治療院開業

農業生産法人 設立

起業 介護ビジネス

起業 福岡


福岡の会計士代表


福岡の代表税理士

代表の宮川(みやがわ)です。
福岡の会社設立はお気軽に
ご相談ください。
起業家目線で親身に対応いたします!



福岡 会社設立
   
   <会社設立サービス対象地域>
     福岡県全域・佐賀県全域
    ・ 福岡市近郊
    ・ 北九州市近郊
    ・ 久留米市近郊
    ・ 大牟田市近郊
    ・ 太宰府市、大野城市、糸島市等
    ・ 佐賀市、鳥栖市等

福岡 会社設立




福岡 会社設立

 福岡の会社設立のご相談ならお任せください
  運営元:宮川公認会計士事務所
 (福岡オフィス)
  福岡市中央区天神二丁目8-36天神NKビル8階

 (小倉オフィス)
  福岡県北九州市小倉北区浅野2丁目14−3


 
福岡天神事務所の外観
  

  
福岡 会社設立サービス

  ・ 会社設立・法人成りのご支援 
  ・ 株式会社設立
  ・ 合同会社設立
  ・ 一般社団法人設立
  ・ NPO法人設立
  ・ 会社設立後の届出書作成
  ・ 経理代行、記帳代行
  ・ 経営相談 など

法人成りと相談

福岡における法人化の現状




会社設立 サポート

会社設立 支援 相談